« 携帯電話水没!(BlogPet) | トップページ | 多忙の日々になる予感 »

さぁ、GW明けたぞ

 今日(というか、昨日ですね)は、ゴールデンウィーク明け(?)、最初の授業です。お昼前には出社をするわけですが、休み明けだけあって、事務仕事がてんこもり。ここぞとばかり入ってくる電話やメールの処理をしていると、あっという間に授業開始時間です。今日の授業は4年生の国語、5年生の社会・国語、中1の国語・英語です。

 小学生の国語は、1文ごとに教員が音読し、同じように生徒にも音読させるのが最も効果がある。昔だったら、段落単位でできたことが、今の子供たちは1文単位でしかできない。ほとんどの子供が本はおろかマンガさえ読んだことがないというご時世だから、まずは、活字に慣れさせることからスタート。段落おきくらいに、内容を理解しているかどうかの確認の質問をする。これをこまめにやらないと、生徒は考えながら読まないでただ字面を追いかけるだけになってしまう。
 ここ近年、小学生の読解力の低下はすさまじいものがあるけれど、こうやって少人数で、とにかくこまめに内容を理解させていくという地道な作業をやることで、年度の後半あたりから、急激に読解力および解答力をつけさせることができることがわかっているから、慌てない。今日も小4の男の子は「ロバ」という動物を知らず、別棟にある百科事典の写真を見てもらい、物語の少年が馬を欲しかったのにロバをもらってがっかりした心情をなんとか理解してもらう。
 ちなみに、小学生の国語のテキストはよくできていて、ストーリーがいいところで1日の授業が終わり、次の週へと持ち越しになるようにできている。ちょうど、それは連続物のテレビドラマやアニメのような感じだ。今日、授業がもうそろそろ終わろうとしたとき、生徒がたまらなく物語の続きを自分で読み始めた!おお!これこそが、こちらの狙い。そうそう、自ら活字に触れ合えば世界は無限大に広がるんだよ!
 やんちゃ坊主の小学5年生たちは、稲作の基本的な流れに興味津々。ひとりは体験田植えをしたことがあって、その経験と今日の授業で得た知識が頭の中で有機的に結びついて大ハッスル。一方で、学校でさえも植物を育てたことがないという女の子は、植物を育てるために最初にすることが種まきだということが出てこなくて一苦労。そろそろこのクラスでも作文指導もしなくては・・・。
 19時半を過ぎれば中学生タイム。表向きには条例の関係もあって「22時終了」だが、もちろん、僕の授業の終了時刻は、「できるようになった時」。以前は中3生のみに課していた<お帰りテスト>は、いまや中1生だって必須。他の先生方も定刻を過ぎても一生懸命やってくれる。<お帰りテスト>のルールは簡単。「全問正解すれば終了。一問でも間違えがあれば全問やり直し。」ひとりひとりに採点とコメントをその場で行っていくので、生徒との大事なコミュニケーションの時でもある。
 今日は英単語のつづりがお帰りテスト。今年からは国際コースで行っていた「中村流英単語つづりのルール」をこの平常クラスでも教え始めた。身につくまでにはもう少し時間がかかりそうだけれど、昨年すでに僕の国際コースの授業を受けていた生徒たちはもちろん一発合格。彼らにとって初の中間試験は高得点でスタートを切らせてあげたい。
 ただ、彼らの表情に疲れが見えてきたのも気になる。なにせ、中3生に「部活の県大会が控えているんだから、英検・漢検の受験は禁止」という本末転倒なお達しがでる中学に彼らは在籍しているのだ。そのへんをふまえて指導してやらないと、部活も勉学も共倒れになってしまう。全県模試で隣の市の中学校に5教科得点の平均点で100点も差をつけられるてしまう中学校だけれど、うちの塾生で、なんとかこの不名誉な記録を挽回しようぜ!


 世の人の多くは10連休の中日ということで、出席率が気になったものの、ふたをあければ、全クラス欠席者ゼロ!やったね!

|

« 携帯電話水没!(BlogPet) | トップページ | 多忙の日々になる予感 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77894/4017840

この記事へのトラックバック一覧です: さぁ、GW明けたぞ:

« 携帯電話水没!(BlogPet) | トップページ | 多忙の日々になる予感 »