« ヤマトヌマエビの大脱走(BlogPet) | トップページ | 車の中で地震! »

少しだけでいい、国を離れよう

 今日、カナダへホーム・ステイに行っていた教え子が帰国した。
 興奮さめやらぬ彼女は、感じたことをメールを通じてたくさん話してくれた。

 僕は教え子がホーム・ステイへ行くとき、
「ホーム・ステイへ行ったからといって語学力が急激にアップすることはないよ。でも、コミュニケーション能力は確実に上がるし、それが一番大切なことだよ。」
 と言って送り出している。

 たとえば、同じ"Hello"というフレーズでも、ホーム・ステイから帰ってきたあとの"Hello"には、「心」というか、「魂」が宿っているのだ。

 そして、もうひとつ。自分がすごしてきた「日本」という狭い環境とは異なる環境が存在するのだということを肌で感じ、これまで自分がいた「日本」、そしてその「日本」で過ごしてきた<自分>を、少しだけ違った視点で見ることができるようになるということだ。

 たとえば、戦争責任をめぐる問題などの国内外の議論ひとつとっても、論者のうちどれくらいが、論敵の立場になって論理構築をしたことがあるのだろうかと疑問にしか思えない不毛な議論が延々と続いている。

 そう、今日は終戦記念日なのだ。

|

« ヤマトヌマエビの大脱走(BlogPet) | トップページ | 車の中で地震! »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77894/5485468

この記事へのトラックバック一覧です: 少しだけでいい、国を離れよう:

« ヤマトヌマエビの大脱走(BlogPet) | トップページ | 車の中で地震! »