« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

きみはダックス先生がきらいか

小学校の頃、本を読むことが好きだった。
いろいろな本が心に残っている。

そういった本の中で、
灰谷健次郎さんの『きみはダックス先生がきらいか』
を最近よむ機会があった。

いま、塾講師なんて仕事をしているけれど、たぶんその原点はここにあるのだろうということを再確認した。
お薦めの本です。

小学校の時には丸一日かかったこの本も、20分程度で読みきれてしまうのにも、ちょっと感慨深かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国技館で相撲をみた!

じつは先の日曜日、15日に、初めて国技館で相撲を観戦してきました。
これは、塾で日頃お世話になっている高校から頂いたチケットで、大量のお弁当&飲み放題というサービスつきのすごい席なのです。

なんと取り組みは朝の8時半からやっているんですね。僕らは初体験ということもあって、途中で飽きてしまってもなんですから、11時すぎくらいに入りました。もし飽きても一回だけなら場外へ出ることができます。
sumo
早い時間帯だとこんな感じです。


ところが、これが飽きないんだな。本物の迫力というのはテレビで見るのとは全然違う。最初のほうは力士だけでなく、行司や呼び出しも「若手」がやっているので、全体的にぎこちないし、派手さも無い。それはそれで面白いのだけれど、これがだんだんレベルが上がってきて最後の結びに一番へたどりつくわけで、その変化もまた楽しい。

その日のテレビ解説はデーモン小暮閣下で、早い時間帯は客席から解説などするものだから、ミーハーなお客(そして、その中には僕らも含まれるのだけれど)は、相撲そっちのけで閣下の写真を撮っていたりという光景も見られ、なんとも気楽なエンターテイメント。

いや、また行ってみたいと正直思いました。機会がある方は是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時を止める・・・

時の流れは速い・・・
ひとは年を重ねるごとにそう思う。

僕が大学に入学したのが14年前。大学を卒業したのがちょうど10年前ということになる。
この10年間、いったい僕はいくつの笑顔をこの世界に創り出せたのだろうか?
はたして僕はどれほど成長したのか?

この1年間、いろいろな人との出会いや再会があった。とくに、僕の目指す方向のはるか先を走っている人たちとの出会いは強烈だった。彼らの10年間を考えると、ほんと僕は何もしてこなかったのではないか・・・そして、こうやって次々と10年間が無為に流れていくのではないかという不安もよぎる。

この1ヶ月間、いろいろなことがあった。ふりかえってみると、まだ1ヶ月しかたっていないということがまったく信じられないくらいだ。時はあれほど速く10年という年月を過去という彼方へおしやってしまったのに、この1ヶ月間はどうだ!まるで時はその歩みの速度をうんと落としたかのようではないか!

以前、小田和正が頻繁に歌詞に読み込んでいた「時をとめる」とはこのことなのだろうか。もし、時がこのままゆっくりと流れるのであれば、まだまだ僕にも多くのことができるかもしれない。うんと充実した10年間が過ごせるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい心遣い

冬期講習も最終日。夕方の1時間休憩時に近くのスーパーへカップラーメンを買いにいったときのこと。

カップラーメンをたったひとつ握り締め、レジに並んだ僕に、
「あなた、ひとつだけなんでしょ。先にお会計済ましちゃいなさいよ。」
と前のおばさんが声をかけてくださったんです。
そのおばさんは普通の買い物量だったので、別に僕は何も気にしていなかったのですが、こういう配慮をされたのは初めてで驚きました。

優しくなれる瞬間・・・もっともっと身近にたくさんあるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

ただいま我が家は恒例の土湯温泉で正月を過ごしています。
tsuchiyu

昔は、正月といえば、スキーだったのですが、最近ではそれは弟と父のみで、僕と母は温泉&読書という感じです。

若いころはスキーも楽しかったのですが、なにせ毎年同じコースなうえに、僕自身の運動神経の悪さも手伝って最近ではまったく上達しないことに若干の嫌気もさしていることもあります。なにせ30年ぶりに再会した保育園の先生に「ほんと、運動神経悪かったもんねぇ。」と言われてしまうほどなわけで・・・(汗)。

もともと読書は好きだったのですが、ふだんあまりにも忙しくて本を読む暇が無いので、この機会を逃さずじっくり読書を楽しんでいます。考えてみれば読書なんてできるのは1年のうちこの日くらいなもんですからね。

そういえば大晦日も家族で速攻で就寝してしまい、僕としては1年で最も早い就寝時間が大晦日とあいなりました・・・。

ぐだぐだと書いてきましたが、今年もよろしくお願いします。
ひとつでも多くの笑顔を創るために、がんばらせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »