« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

今の小田和正ってカッコイイな

リンク: 特集ワールド:この国はどこへ行こうとしているのか 小田和正さん-特集ワールド:MSN毎日インタラクティブ.

ご存知の通り、小学5年生でオフコースに出会い、その後20年以上にわたり、毎日のように小田和正の曲を聞いている僕ではあるが、最近の曲の変化にやや距離を感じることもあった。それは、世代を超えて共感しやすい「ラブドラマ」から、「生きる意味を問う」みたいな曲調になってきたからなんだろうけれど、それはそれでカッコイイよな、小田さん。曲の個人的な好みはともかく、今の小田さんのスタンスは昔のそれより、ずっとカッコよく見える。

「もっとこの国をなんとかしたい!」
そのために自分が何ができるか・・・
小田さんにとっては「歌うこと」であり、
僕にとっては「塾で教えること」なんだよね。

明日からゴールデンウィーク。十分に充電して、休み明けから全力で仕事をしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挙式日程決まる

ようやく挙式日程と場所が決まりました。
仮予約も済ませました。
なによりも、来てくださる方々が一番楽しめるような1日にしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっと好きだった・・・

彼女がもってきた12年前のふたりの写真・・・。
大学の有志で韓国を訪れたとき、みんなで撮った写真だ。

その写真では、僕は彼女の「すぐとなり」に立っている。というか、かなり意識的にそのポジションに立とうとしていたんだ、僕は。彼女と出会って2年たった当時、僕は写真では「すぐとなり」に立てたみたいだけれど、ほんとうは彼女の<すぐとなり>に立っていたのは多分別の人。だから、その後、僕は別の恋に心が傾いていった。「彼女とは<いい友達>でありつづける。」というルールを自分に課して、自分から大切な気持ちを忘れるようにした。

今、僕の<すぐとなり>に彼女がいる。彼女の<すぐとなり>に僕がいる。

その写真が思い出させてくれたひとつの真実。

ずっと好きだった・・・。

そして、
これからも

ずっと好きだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指輪と体調の関係

婚約指輪が決まるまでまだ時間がかかりそうなので、ホワイトデーにペアリングを買ってふたりで身につけている。ふたりともそういう装飾品をまったく身につけたことが無いのでなかなか慣れない感じもするが、悪くない。ふとした瞬間にリングが目に留まると、なぜか相手から元気をもらったような気になる。

昨日、はじめて指輪を付け忘れて出勤してしまった。そしたら、その後もうれつに体調が悪くなり本当にまいった。病は気からということもあって、こんな小さなリングにも、お互いの気持ちと元気の源が凝縮されているんだなって勝手に(笑)実感してしまった。

さ、今週は7日連続出勤。あと2日だけれど、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »