« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

教室の笹飾り

教室の笹飾り

七夕ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無敵の後輩

こいつが来てから職場がめっちゃおもしろい。

ゆうじ


以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘアーワックス

最近、ヘアーワックスを使っている・・・・

と、聞けば、僕を知らない人は「なにを当たり前のことを・・・」と思うだろうし、僕を知っている人は「!!!!」となるんじゃないか。

中学のとき、友達とふざけてつけたヘアーワックスがなんとも不快だったのもあるし、外観で自分をアピールするということが本質的に好きではないことも手伝って、髪の毛なんていつでも洗いざらしだった。

「失恋をしたときは、何か新しいことをするといい。」
いつもそう思ってきたけれど、これまではたいていかなりの出費を伴うことが多かった。彼女や彼女の家族はそれを僕の「弱さ」だと非難した。だから、今回はお金は使えない(笑)。

そこで、はじめたのがヘアースタイリングというわけだ。今まで、見向きもしなかったことだが、通いの床屋の主人が「挑戦しましょうよ。いい機会ですよ。」というので、甘言にのってみたのだ。
正直、やっぱりあまり快適ではない。けれど、今まで自分がやっていなかったことに挑戦しないと、いつまでも自分は変わらない・・・つまり、成長しないということだと思う。別にヘアースタイリングが僕を成長させるとは思わないが、従来の自分の枠をやぶるひとつのきっかけになればいいと思う。

ちなみに、今日は髪の毛を立てて教室入り。教室に入ってくる生徒たちの視線が明らかに僕の頭部に向けられているのがわかってちょっと面白かった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ナビを修理した

あなたが僕から離れていって、ようやくずっと調子の悪かったナビを修理に出した。
考えてみれば、僕とあなたがつきあいはじめてからずっとだったよね、ナビが動かなかったのは。

これで、もう迷わなくて済むかな。
深い悲しみに迷い込んでしまった僕らも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりにピアノを弾いた

ひさしぶりにピアノを弾いた。
ピアノには小雨の天気が似合う。

彼女と付き合い始めてから一度もピアノを弾かなかった気がする。若いころは毎日欠かさず弾いていたのに・・・。

「好かれたいがために、自分らしさを見失う。」

そういうことを何人かから指摘を受けたことがある。

彼女との時間で失ったものを取り戻す・・・彼女との時間で得たものを守りつつ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑解答

塾の仕事をしていると、生徒の思わぬ珍解答に爆笑することがある。
最近の大ヒットを紹介します。

小学生の漢字テスト
問題:次の漢字の用例を書きなさい。
(1)泉

解答:
泉ピン子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

婚約解消のお知らせ

先日、残念ながら正式に婚約解消となりました。

応援してくれたみんな、祝ってくれたみんな、ありがとう、そして、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の目

状況は最悪である。

すべてに悲観的なパートナー。
意固地になりあうお互いの父親。

まちがいなく、この嵐の中心にいるのは僕なはずなのに、僕自身は妙に冷静である。
きっと台風の中心である目が無風の快晴状態であるのと似ているのかもしれない。

人間は感情の動物である。論理なんてものは、その事実の前には、いとも簡単に消し飛んでしまう。
だから、面白いんだよね、人間って。

まぁ、まわりのみなさん、好き勝手にヒートアップしてください。
僕は自分の気持ちに正直に生きるだけです。大好きなあの人と一緒に人生を過ごすという究極の目標のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのインターネットカフェ

何時になるかわからない待ち合わせのために、はじめてインターネットカフェを利用しています。正直、インターネットよりも、まんがのほうに用事があるんだよな。インターネットはパソコンとエッジでいつでもどこでもできるし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝わらない思い

お互いに「想いが伝わらない。」と嘆いている。

ほんとうにそうなのか?
やっぱり会って想いをぶつけ合わないと駄目な気がする。
メールや電話は便利だけれどね。そぎ落とされてしまう「何か」が確実にある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

試練は続く

試練は続きます。次から次へと・・・

「越えられる」と思っている。でも、越えた先に僕が思い描くような待ち望んだ未来が広がっているかどうかわからない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »