« 閉じ込められた | トップページ | 閉じ込められた(BlogPet) »

みんな毎日を必死に生きている

 この時期の中3生は入試に向けて必死に勉強をしている。
 しかし、吹奏楽部の生徒たちは今が大会本番。バンドという、もともとチームプレイが欠かせないものだけに、みんながそれぞれ抱える悩みも小さくない。

 その子は夏期講習も半分近く欠席または遅刻をしながら、ぎりぎりのところで部活と勉強の両立を試みていた。僕も補習という形で、できるだけそのがんばりに応えてきたつもりだった。けれど、彼女は練習時間不足を理由に大会でのソロ演奏から外されてしまった。
 彼女は補習が始まったとたん大粒の涙を流し始めた・・・。
 僕も思わず涙を流しそうになってしまった。

 たぶん、僕が日本の学校の先生にならなかった理由・・・。どうして日本の学校の先生は自分だけの理想論的な価値観を生徒に一方的に押し付けるんだろうか?彼女だって部活をないがしろにしているわけではない。精一杯、両立する努力をしてきたではないか。彼女が受験に失敗したら、その責任を学校の先生はとってくれるのか?

 自分の努力が人に受け入れられないこと・・・この辛さは今の僕には痛いほどわかる。
 「辛いことを忘れるのには、一心不乱に勉強に集中することだよ。そうすれば、辛いことを考えなくて済むし、おまけに成績まで上がっちゃうよ。」
 と声をかけて補習開始。彼女は無理やり笑顔を作った。

 君は知らないと思うけれど、僕だってそうなんだよ。

|

« 閉じ込められた | トップページ | 閉じ込められた(BlogPet) »

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77894/11292991

この記事へのトラックバック一覧です: みんな毎日を必死に生きている:

« 閉じ込められた | トップページ | 閉じ込められた(BlogPet) »