« 小4募集開始 | トップページ | 五十一 »

勉強はいらない!?

「とおりすがり」さんから、こんなコメントを頂きました。

コメントはこちら。
塾人として、大事なことだと思うので、改めてトピック立てさせてもらいました。

勉強は必要です、絶対に。
ただ、塾は、塾を必要な人と、塾を必要としない人がいます。

これが僕の考えです。

勉強が必要な理由は僕は二つあると思います。

ひとつは、勉強できたほうが経済的に圧倒的に有利だということです。現実の問題として、日本に限らず現代の安定した社会においては、学力と収入はかなりの確率で比例してきます。それは、学校や受験で身につけた学力が、社会で仕事をしていく上で、学校にいるときに考えている以上に、役に立つからです。たしかに、学校で学んだ知識のすべてを使用するわけではありません。けれども、勉強ができることが仕事ができることと比例することが多いのは、学力そのものの力もありますが、その人が鍛えてきた「目標達成能力」にあると思います。与えられた目標を、自らの目標として自分を高められること。それが「目標達成能力」です。この「目標達成能力」を鍛えるのに、勉強や受験は最適で、いちばんフェアーだと思うんです。

でも、正直、そんなことよりもっと大事なことがあります。勉強するほんとうの理由は、<優しく>なるためなんだと僕は思っています。<優しさ>とは、「他者の痛みと喜びを知ることができる」ということ。そもそも、勉強とは学問の入り口であり、すべての学問は「大切な人を幸せにしたい。」という強い想いから生じた営みなんです。文章を読み書きすることで、直接会えない人たちと理解し会うために、「国語」や「英語」を学び、人が生きる社会を理解し、人が背負っている過去を理解するために「社会」を学び、困っている人を技術という形で助けるために「数学」や「理科」を学ぶんだと僕は思います。


少なくとも、僕が勉強をする理由は、このふたつです。

|

« 小4募集開始 | トップページ | 五十一 »

教育」カテゴリの記事

コメント

私も勉強は必要だと思いますよー。
やはり勉強することで目標達成能力が鍛えられるし、
そうやって身につけた自信や知識で人生が
どんどんひらけていくと思うんです。

とおりすがりさんのコメントも読みました。
そこでおっしゃられている「勉強」は
「受験勉強」に限定されてるように思えました。
大事なのは受験勉強する時の意識かなという気がします。
受験のために頑張るのはもちろんすばらしいことだけど、
受験が終わったらまた次の目標をちゃんと見つけていかないとね。
そこまでの道のりを受験生の周りにいる先生や塾の先生や親が
サポートしてあげられるといいのかな、と思います。

投稿: たれまい | 2007/02/22 17:58

共感する部分も多いけれども、なんというか今の現状は選択肢の幅がすごく狭いようにも感じています。今の世の中は勉強だけが立身出世の道につながることが強調されすぎているような感じがします。もっと色んな選択肢を大人たちが用意して、それぞれの道で子供達が自らの可能性を広げていくことができるような、そういった社会のほうが望ましいように思います。浅はかかもしれませんが、感じたことを書いておきますね。

投稿: 海千山千 | 2007/02/23 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77894/14003854

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強はいらない!?:

« 小4募集開始 | トップページ | 五十一 »