« フェルマーの最終定理 | トップページ | カレー »

紹介割引制度

紹介割引制度について考え中・・・

これが意外と難しい。

紹介者のメリットと被紹介者のメリットのバランスをどうとるのか・・・。

「友人を売った」「ねずみ講まがい」といったイメージをどう払拭するのか・・・・。


うーん。

|

« フェルマーの最終定理 | トップページ | カレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地味なあたりで、入会料○%OFFとか
参考書や本のプレゼントとか…
お店だったら双方に金券プレゼントとか
ポイントプレゼントとかそういう方法も
あるんだけど、塾だと難しいよね…
料金体系が分からないけど、1科目ごと
だったら2科目以上の契約で1科目は
1ヶ月だけ半額にするとか…
それなら、紹介した側も特典が受けられ
るでしょ?

投稿: よーこ | 2008/12/31 13:48

よーこさん、こんにちは。

ふつう塾だと

紹介者は図書券。被紹介者は入塾金(1万円~2万円)が無料、もしくは、半額

というのが多いです。

ただ、これだと紹介者のメリットがちょっと小さいかなと、いつも思ってたんです。

あと、被紹介者が入塾の月に、紹介者の月謝が半額になるということをやっている塾もあります。これだと1万円近いディスカウントになります。


カルチャースクールなんかだと、

1人紹介することに月謝が恒常的に1000円引き

なんて制度もあるんです。

論理的には月謝無料で通塾することも可能なわけです。

ただ、なにせ、素人目には「ねずみ講」っぽいので印象悪い気がするんですよね。調べたら、まったく合法で問題はないそうなのですが。

投稿: ほたる | 2008/12/31 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェルマーの最終定理 | トップページ | カレー »