« 教室に観葉植物 | トップページ | 定員オーバー・・・ »

「信じる」ということ

「信じる」ということは、

裏切られないと確信すること・・・・ではなく、

裏切られることを覚悟すること・・・・だと思う。


そもそも、人間は自分の利益を最大限にしていこうと行動していく存在であり、
それゆえに、他人が自分を裏切らないはずだという確信は、いっけん聞こえは良いが、
実のところ、むしろ、それは他人に対する単なる甘えでしかない。

ときには騙されてさえあげること・・・・これこそが愛なんじゃないの?
男女の恋愛、親子の情愛、教師と生徒の師弟愛・・・・どんな愛であっても。

|

« 教室に観葉植物 | トップページ | 定員オーバー・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前回素通りして、今回改めて見て考えましたがその通りだと思いますよ。

投稿: よしぃ | 2009/02/15 20:08

よしぃさん、こんにちは。

「裏切られた」
と、嘆いている人をみるにつけ、何か僕は違和感を感じ続けていました。たぶん、こういうことなんだな・・・と、ようやく言葉にできたので、忘れないように書いてみました。

投稿: ほたる | 2009/02/15 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教室に観葉植物 | トップページ | 定員オーバー・・・ »