« 親子・・・・この難しきもの | トップページ | もくろみ外れる »

アンチ公文宣言

計算力といえば公文。
少なくとも、計算力をつけることにかんしていえば、公文は悪くないと長年思っていた。

しかし、

ここ数年、繰り上がり、繰り下がりの計算が、まったくできない小中学生が増殖していることに危機感をつのらせ、調べてみると・・・・。

じつは、繰り上がり、繰り下がりの計算ができない子のほとんどが、公文に通っていたことが判明。文章題になるとまるっきり公文に通っていた子はダメ。

理由は簡単だ。公文では筆算時に繰り上がり、繰り下がり、文章題などの途中式を、一切書かせない方針だからだ。昔からそうだったのだろうか?公文関係者の発言を見ると、なんかいろいろな理由をつけているけれど、納得がいかない。

公文の公式見解

この業界にいると、公文は「教育」が上手というより、「商売」が上手だと感じることが多々ある。
通わせている親をどうしたら満足させることができるか・・・ということが、非常によく考えられているからだ。

その最たるのが、「計算を作業とし教え込み、その作業ができればそれで良い。」という思想だろう。
「公文に通っている~ちゃんは、もう中学校で習う方程式までやっているんだって!」
というのは、よく聞く話だけれど、方程式を「作業」として考えれば、小学生に習得させるのは簡単だ。しかし、方程式は、文章題を立式できる能力を身に付けさせることに意義があるのであって、方程式の「作業」ができることは、「方程式」を使えるようになったことを意味しない。

しかし、親としては、小学生の自分の子どもが「方程式を解ける」のであれば、少なからず親としての虚栄心は満たされる。イイ鴨である。

おそらく、繰り上がり・繰り下がりを書かせないのは、お小遣いかせぎ感覚の素人主婦を公文の「先生」に仕立て上げるため、子どもの指導をひとつでも軽減させるための方策なのであろう。


「繰り上がり・繰り下がり難民」「めんどうくさいから途中式は書かない教」の子どもたちをゼロから鍛えなおさないとまずいと思う。あんまり他塾を批判しても仕方が無い気もするが、これだけは、明確に「反対」の姿勢を塾でも公式に出していきたい。

|

« 親子・・・・この難しきもの | トップページ | もくろみ外れる »

教育」カテゴリの記事

コメント

あー、それ分かります。私も文章題キライ
でした。というか苦手でした。
で、私も公文を3歳から始めてて、小学校
入学前に掛け算2桁×2桁レベルまでいって
ました。
(おかげで学校の勉強をバカにする子に育って
ました)

投稿: よーこ | 2009/04/07 10:12

この話、頂きます!

確かに公文へ通っている子は計算は速いし、
進度も早いです。
しかし、作業の丸暗記になっており、
応用に対応できない子が本当に多いです。

それは、最近の大手塾の多くがそのように
なっている気がします。

丸暗記で、どんどん勉強を進めた方が、
子供もできるような気がしますし、
親も何となく安心してしまいます。

塾としては、もっと上手な「教育」を
目指したいですね^^

投稿: ゆっきー林 | 2009/04/20 01:16

うちの教室に来た「公文に6回はいり、6回やめた」という生徒。

見事に足し算、引き算ができませんでした。
(先月やめましたが)
もう中2です。

なぜか、書くのは教室で1番早い!!
でも全部答え間違ってる!

四則の計算なんて、すべて符号が反対で。


もう私もお手上げでした・・・涙

息子二人いますが、
二人の同級生にも公文に行ってた子がいます。

もう中学生ですが、小学生のときに「中学生や高校生の問題をやってる」と自慢してました。

それはすごいですが、
現在はというと・・・・


数学の文章題や応用問題ができず、
あっさりと他の人に抜かされています。

今はショックをうけて、公文もやめ
親に反抗し、
ほとほと手をやいてると聞きました。


ある意味、この子も被害者ですよね。
ショック受けるのはわかります。

だって「早く計算する」だけで、
本当の数学の理論など
何一つ学んで来なかったのですから。

投稿: まったくそのとおり・・・ | 2011/05/12 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親子・・・・この難しきもの | トップページ | もくろみ外れる »