最強のらーめん屋

茨城に帰ってきて、どうしても行きたかったお店・・・・

それは、らーめん「大河」

今日のお昼、ようやく行けました!
1年半ぶりでしたが、やはり、ウマイ!

こんな評価をネットで見つけました。

http://www.geocities.jp/ky_thomas81/raumen.htm

いやぁ、同感です。

そういえば、隣に座った人も携帯で写真をとってました。きっとブログに書くんでしょうね。
おっと、僕もか(笑)

| | コメント (0)

モカ

モカ
今、ちょっと入手困難なモカです。

モカの豆は色がまちまちなのが特徴だとか。

| | コメント (4)

カレーにまつわる華麗な思い出

日本通を自認する欧米人たちですら、僕ら日本人はまるで毎日のように寿司かてんぷらを食しているかのような誤解をしている。もちろん、そんなわけない。

本当の意味で、日本を代表する「日本食」は、おそらくカレーとラーメンであろう。
この2品のいずれかを嫌いという日本人を探すことは、世界征服より困難にちがいない。

アメリカに住んでいるとき、近所にカレー屋さんが開店した。
無論、すぐさま、我が家はそのお店に向かった。
そこで、目にしたのは、生まれて初めて「(日本風の)カレー」なる食べ物の様相に驚きおののくアメリカ人の姿だった。

その光景を目にして、初めて気がついた。
日本風のカレーは、知らない人にとっては、ひどくグロテスクな見た目をしていることを・・・・。

彼らの目には、それはまるで嘔吐物か排泄物がご飯のうえにのっているようにしか見えなかったのだ。

僕らは、
「とにかく食え!」
と、彼らに言い、彼らは恐る恐るカレーを口に運んだ。

その後、彼らの表情は驚愕のそれに変わり、眼前にあった嘔吐物か排泄物のごとき代物は、彼らの胃の中に目にも止まらぬ速さで消えて行ったのは言うまでも無い。


そんな、昔のことを思い出したのが、この記事。

「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』

御一読を。

ついでに、これも
CoCo壱番屋で「カレーのトッピング全部のせ」に挑戦してみた ~注文編~

| | コメント (0)

さらに初ホイコーロー

今日もお休み!

ということで、あちこち顔を出してきました。
懐かしい再会とかあって(これは後日、書き込みます)、とにかくモチベーションアップ。

で、なぜか、またお手軽中華にチャレンジ。
今回はホイコーローでございます。
070729_19190001
あ、ピーマンもあったほうがよかったのか・・・・。
まぁ、それはまた次回。

焚いた古いお米を処理するために、チャーハンにもチャレンジ。
チャーハンは自宅時代から何度か作っているけれど、まともにできたためしがない。
しかし・・・
070729_20110001
これは永谷園のおかげなのですが、
なぜか以前はうまくいかなかったスクランブルエッグも上手にいき、ご機嫌!

しかし、中華ばっかりだな・・・。
しかも、一袋2~3人前と書いてあるのに、一人で一回で食べきってしまう・・・・。

やっぱり食べすぎかなぁ。

| | コメント (1)

チンジャオロース ver 2.0

070726_08060001


これは、初チンジャオロース作成後の3日後の作品です。

今度は、ピーマンも規定量をいれたせいか、見た目もいいですね。
もっとも、これは前回と違って牛肉バージョンですが・・・。

ただ、味は前回のほうがよかったですね。

| | コメント (0)

初!チンジャオロース

一人暮らしをはじめて3ヶ月・・・・。
やはり忙しさと自分の作る料理の不味さに(笑)、つい外食に頼りがちな日々です。

とはいえ、そんなことばかりやっていると、ほんとうに破産しかねないので、少しずつ料理のレパートリー拡大に挑戦。

今回はチンジャオロースに挑戦してみました。
大家さんが、よく畑で取れたピーマンを住民にわけてくれるのですが、それを利用させていただきました。

できばえは・・・・

じゃーん!

070724_12490001


なんか、写真に撮るとちょっとグロテスクですね・・・

味見をすると・・・


おお!なかなかの美味!\(^-^)/
さすが、インスタント食品!ピーマンを切って炒めるだけ!

料理というよりは加工ですな・・・・
それでも、新しいレパートリーが増えるというのは嬉しいものです。
なんか工作を完成させて喜びに近いのですが・・・(^_^;)

| | コメント (3)

岐阜城のふもとで・・・

今夜はスタッフ全員に塾長から豪勢なプレゼントが・・・。

というわけで、岐阜城のふもとの、高級焼肉店で御馳走になっちゃいました。

「焼肉」とは言いますが、ぜんぜんレベルが違います・・・。
おいしすぎて、言葉が出ません。

お肉そのものもさることながら、温野菜のしいたけと、赤だしの味噌汁のおいしいこと!


以前も何度か書いていますが、静岡に住んでいた自分にとっては、あまり赤だしの味噌汁には良い印象がないのですが、たぶん、僕がこれまでに飲んだ味噌汁の中で、最高の味だったと思います。


メインの料理以外も感動的においしいというところに、「一流」を感じます。


リンク: 潜龍.

| | コメント (0)

去来庵について

 去来庵とは、北鎌倉にあるビーフシチュー専門店です。今回で2回目の訪問になります。かなりの有名店で、前回はあじさいのシーズンだったこともあり、平日にもかかわらず1時間以上行列で待たされた記憶があります。今回はかなり空いていたのでちょっと拍子抜けでした。おかげで縁側の最高の席に座ることができました。

 お店は昭和初期の民家を移築して使っています。お庭とあわせてこの和風な雰囲気が好きな方にはたまらない感じです。
 さて、肝心のビーフシチューなのですが、味はこの手のお店としては標準的、ただかなり淡白なので、好みが別れるところです。じっさい、ネットでも味に関する評価は値段が高いこともあってあまり高くありません。それでも、このお店に足を運んでしまうのは、前述のように、いかにも「鎌倉」といった風情がビーフシチューとあいまって心を和ませてくれるからなのです。たとえば、喫茶店のコーヒーみたいなものです。いわば、その場所の雰囲気と安らぎの時間を購入するといったところなのです。コストパフォーマンスをお求めならお薦めはできません。でも、リッチなひとときを過ごしたいのならお薦めです。僕もすっかり癒されてきましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坦々麺@太郎らーめん

 以前から会社の上司のブログで推薦されていた近所のらーめん屋の坦々麺を食してきた。
 近所にあるのは分かっていたが、行ってみると、以前よく仲間といっていた「くるまやラーメン」の建物を使ったらーめん屋であった。

 さて、肝心のお味のほうだが、可もなく不可もなくという感じ。ただ値段を考えると、お勧め。メニューに「チャルメララーメン」というのがあって気になる。何度か通ってみようかとは思わせるメニューと味ではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん屋まで僕を裏切る・・・

夜遅く仕事が終わった後の楽しみ・・・それはラーメン。

ところがである。

1時までやっているお気に入りのらーめん屋が最近行っても店じまいをしていることが多い。スープがなくなると閉店するのはらーめん屋の運命だから仕方ないと思っていた。今日は比較的はやく仕事が終わったので、大急ぎで駆けつけてみると・・・。なんと、いつのまにか11時半閉店になっているではないか!!!

許せん!
店長は僕が閉店間際にやってくる常連だということを知っている。
僕はこの店が今の国道前の立地に引っ越してくる前からの常連客なのだ。
にもかかわらずこの仕打ち・・・。

Y下屋!おまえだよ!おまえ!

よーし。俺が世界を征服した暁には、お前の店は強制24時間営業の刑に処するから覚悟しておけ!

それから、僕が愛して止まない、あの人も、強制幸せの刑だからな。ぜったいに幸せになってもらうから覚悟しておけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧