初恋の人からの手紙

思わず「!?」なタイトルだと思いますが、期待はずれでごめんなさい。

いわゆる「性格分析」のひとつですね。
このサイトで作成できます。

http://letter.hanihoh.com/

ちなみに、僕の場合・・・・

----------------------------------------------------------

いそかず、ひさしぶり。
今でもデートのたびに水筒を持っていますか?当時、おばちゃんみたいだったいそかずをなつかしく思います。

少し上からものを言ういそかずが「スタイルだけは一流だな」などと失言してお別れすることになったあの日から、もう21年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたらいそかずからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

今振り返って考えてみると、あのころの私っていそかずに迷惑かけてばかりでしたよね。でも、いつもツンツンしてる私にいそかずは「おまえの純粋さは分かっているから」なんて言ってくれて、少し引いたけど、なんだか心温まったのを覚えています。当時クラスメイトと浮気していた私はフクザツな気持ちではあったけれど、そんな風に言ってくれる人はいなかったから。

私はともかくいそかずにとっては初恋の相手が私だったんですよね。そうそう、最初のころのいそかずは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、いそかずが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。

告白してくれたとき、いそかずは「おれは顔で選んでいない」って言ってくれましたよね。まるで人の気持ちを考えていないあたりは、いそかずらしいよなぁと、今でも頭に残っています。そういう空気を読めないところは、今もそのままなのだろうと思うと嬉しいです。

総括して言うなら、私はいそかずと付き合えたことを、本当に感謝しています。いそかずのような人と出会えたからこそ、私は忍耐力が鍛えられましたし、男性選びに慎重になりました。本当に感謝しています。

いろいろ書きましたが、私はいそかずが大好きでした。これからもいそかずらしさを大切に、そして当時のように猪木のモノマネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 今もブリーフ派のままですか?気になります。


----------------------------------------------------------


ははは!!!!

なんだか、僕も、相手の女の子も最低な奴ですな(笑)
これじゃぁ、恋愛なんかうまくいくわけないはずだ・・・・・(笑)

| | コメント (2)

あと2ヶ月

どんなにがんばってもあと2ヶ月。そしたら、君とは会えなくなるんだ。
だから、ずっと悩んでいた。

そしたら、ふと思い出した言葉があった。
「人は誰でも必ず死にます。でも、だからと言って、今やっていることが無意味だと思っていますか?」

すべての人が死にゆく存在なのに、みんな今を一生懸命生きている。「終わる」ことをもって、「意味が無い」と言ってしまうのは間違っているということなんだよね。

気がついたら好きになっていたよ。
でも、その想いを君に伝えても、君と僕が幸せになれるとは限らない。
だから、心の中でずっと秘めておいたんだ。
君はそんな僕の想いなんて気がついていないんだろうけれどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの約束

さっき買ってきたのはこのCD。

なんか・・・・・めがしらが


ちょうど1年前の今日のこと。

夕暮れの井の頭公園を歩くふたりがいて、
水鳥を眺めながら評判のやきとりなんか食べたりして、
「シュールだね。」って笑いあいながら。

下北沢で友達のライブを見に行くふたりがいて、
中国茶のお店でお茶が入るころにはとっくに友達の出演時間がすぎて、
そんなふたりに少しだけ雪が舞っていた。

別々の電車に乗らなければいけないターミナル駅にふたりがいて、
僕はきみを見つめて言ったよね。
「出会ってから14年間、ずっと好きだった。
でも、それを言うとすべてを失いそうで怖かった。」
きみは否定も肯定もせず、ただ小さく。

それから
とても幸せな半年間が流れ、
とても辛い半年間が流れ、

ふたりで夜景を眺めたあのクリスマスの夜、
きみはアンケートの「恋人どうし」という欄に丸をつけ、
僕らは世界中の人に約束をしたんだ。


「クリスマス 僕らの約束
君に届け Love Song」 
『クリスマスの約束』詩・曲:ゆずおだ より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてまた失恋

じつは先日失恋してきました。

ようやく他の人を好きになることができたということを喜ぶべきことなのかな・・・と、無理やりポジティブに考えようとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の冷たい雨

ちょうどこんな日だったね。1年前のこと。
あなたとひさしぶりの再会。僕の中でずっと埋まらなかった何かが満たされていく気がした。
「やっぱりあなただったんだ。」僕はそう思った。

「もっといっしょにいたかったな。」あなたからのメールのその一言がすべての始まり。

これから、あなたと一緒にいた季節をひとりで迎えます。
色づく木々の葉。冷たい雨。朝の霜柱。雨まじりの雪。
1年前、あなたと見たすべてが、僕にあなたを思い出せるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30億分の一

 昨日、一緒にご飯食べた女性もそうだったけれど、世の中には素敵な女性はたくさんいるんだよね。だから、自分のベストパートナーを30億人の中からひとり選び出すのは案外大変なことなのかもしれない。

 そして、その人にとって僕がベストパートナーであるのはもっと大変なことだ。でも、みんなそういう努力をして「しあわせ」を勝ち取っているんだろうな。がんばらなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬱陶しい

 大量のアルコールのせい?台風一過の蒸し暑さのせい?
 もう、いいじゃん。許してよ・・・ほんとに。もう十分僕を苦しめたじゃないか。

 疲れたとき、お酒を飲んだとき、朝起きたとき・・・理性という重石で押さえつけていたはずのあなたとの思い出とあなたへの想いが、ふとまとわりつく。鬱陶しい・・・最近はそんなふうに思うことも多くなった。

 シャワーを浴びた。この鬱陶しさを少しでも洗い流せればと思った。リラクシングミュージックをかけた。
 だいぶ気分がよくなった。

 そうだね、きっと、この鬱陶しさは、あなたのせいじゃなくて、僕の弱さのせい。そして、あなたはその僕の弱さをなじって僕から離れていった。あなたのように強くなりたいという思いと、あなたの「強さ」への疑念が交錯する。

 いま、守ってあげたい人がいる。支えてあげたい人がいる。夢をかなえさせてあげたい人がいる。
 それは、あなたじゃない。少なくとも「今の」あなたではない。
 それは、ひとりの女性かもしれないし、僕の教室に集う生徒たちかもしれない。


願わくば、この駄文が読者にとって鬱陶しいものでありませんように(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛至上主義者の敗北宣言

僕は長いこと「恋愛至上主義者」を標榜していた。

それは、恋をしている人は、その人の優しさが全開になるし、その優しさは、恋人に対してだけでなく、身の回りのあらゆる人やものにまで向けられるから・・・・と。

しかし、現実は違った。認めたくなかったけれど、現実はむしろ正反対なのだ。
恋をしている人は、自分の幸せのために、いくらでも残酷になれるのだ。
そう、それは、戦場においては、どんな善良な市民も、残忍な虐殺者に否が応でもなってしまうのと同じように。

誰かのことを言っているのではない。
他ならぬ僕自身のことを言っているのだ。

僕を何の理由もなくひたすらに愛してくれた人がこの広い世界にたったひとりいた。
その人は何年も何年も僕を待ち続け、愛し続けてくれた。ひたすら僕との時間を共有するためにありとあらゆる努力をしてくれた。彼女の部屋で彼女のつくってくれたとっても遅い夕食をふたりで食べていると、「もしかしたら、このままこの人と結婚するのかな・・・」とも思った。

僕は彼女を裏切った。彼女と出会うずっと前から好きだった人との再会が僕を残忍にした。
それを知った彼女は僕を見るなり力の限り僕の頬をひっぱたき嘆き哀しんだ。彼女の怒りや哀しみは十分すぎるほど分かっていた。だって、ずっと、僕が彼女と同じ立場でありつづけたから。

それでも、僕は思っていたんだ。
「ようやく、僕にも本当の幸せが巡ってきたんだ。君は僕を誰より愛してくれた。でも、そんなこと知らない。君がこの悲しみでどうにかなってしまったとしても、僕は知らない。」
僕は最低だったかもしれないけれど、最高に幸せだった。

相手への想いの強さが恋愛を成就させるようなハッピーエンドは物語の中でしかありえない。
恋を終わらせようとしている人は世界で最も残忍な存在なんだ。

だから、離れていく人に自分の想いの強さを訴えても、きっとそれは徒労に終わる。
どんなに相手を愛しても、どんなに尽くしても、恋の女神が微笑まなければ、それは徒労に終わる。

それが真実。はじめて、そういう立場になってわかったとても簡単な真実。

きっとあなたは思っている。
「あなたがどうなろうと知らない。あなたがどれだけ私のことを愛していても知らない。」

だから、僕のあなたへの想いはこのブログにしまっておくよ。
僕の想いがあなたへこぼれて行かないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Somewhere Over the Rainbow ~虹の方へ~

たぶん、あなたも聴いたことがある有名な曲「虹の彼方へ」。
1939年のミュージカル「オズの魔法使い」のタイトル曲だね。
フレーズはもちろん以前から知っていたのだけれど、春頃だったかな、歌詞を知ったのは。
聴いたとたん思ったんだ。

「これは、あなたのための曲だ!」
ってね。

こんなに有名な曲なのに、日本ではもうオリジナル版は手に入らなくて、海外から輸入してようやく手に入れたんだよ。もうあなたに直接この歌を届ける術は無いから、今は僕のために歌うよ。それでも、あなたに届くといいな。

"Somewhere Over the Rainbow"

music by Harold Arlen and lyrics by E.Y. Harburg

Somewhere over the rainbow
Way up high,
There's a land that I heard of
Once in a lullaby.
Somewhere over the rainbow
Skies are blue,
And the dreams that you dare to dream
Really do come true.

Someday I'll wish upon a star
And wake up where the clouds are far
Behind me.
Where troubles melt like lemon drops
Away above the chimney tops
That's where you'll find me.

Somewhere over the rainbow
Bluebirds fly.
Birds fly over the rainbow.
Why then, oh why can't I?

If happy little bluebirds fly
Beyond the rainbow
Why, oh why can't I?

虹の彼方のどこか
とても高いところに
かつて子守唄で聴いたことがあるんだ
そんな場所があると

虹の彼方のどこか
空は青く
あなたがずっと想い続けたその夢が
本当にかなう場所があると

いつの日か僕は星に祈りながら眠りにつくんだ
そして目が覚めると僕は涙の雨雲をとっくにぬけていて
僕たちの哀しい過去の出来事は
檸檬の雫のように溶けていくんだ
煙突のはるかはるか上
虹の彼方のどこか
そこであなたは僕にふたたび出会うんだよ

虹の彼方のどこか
青い鳥が飛んでいく
青い鳥が飛んで行けるなら
僕もかならず行けるよね
虹の彼方へ

そう、幸せの小さな青い鳥が飛んでいけるのだから
僕もかならず行けるよね
虹の彼方へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

実りの秋に寄せて

ふと外を見ると稲が頭をたれています。

あなたは田植えに僕を連れて行ってくれなかった。
「なんでもかんでも<ふたり>でやる必要はない。」
それが、あなたの言い分だった。破局のはじまり・・・。

僕は、ただあなたと共有できていない部分を共有したかっただけなのに。
あなたが大事にしていることを、僕も体感したかっただけなのに。

あなたが僕を拒絶してから今までの間に、稲たちはこんなに大きくなりました。
水槽のウェディングドレスエンゼルフィッシュたちもこんなに大きくなりました。
僕のあなたへの想いもこんなに大きくなりました。
あなたの僕への憎悪もこんなに大きくなっているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)